レビトラと同じ成分の市販薬を通販で買ってみた

今回、病院に行かないともらえない精力増強・勃起不全治療の薬である「レビトラ」を通販で買ってみたので、その過程で調べたこと、気づいたことをシェアしたいと思います。

私と同じように、精力増強・勃起不全治療の薬のレビトラがほしいけど、病院に行けない、行く時間がない、面倒くさいとなかなか病院に行けず気になっている人は、通販での購入を選択肢の一つとして検討するもアリだと思います。

レビトラの個人輸入をやってみた

本来は病院でしか買えない薬を海外から買うことを個人輸入というそうです。

病院でもらえる精力増強・勃起不全治療の薬の「レビトラ」は、日本では医師の処方箋がないと買えませんが、個人輸入を代行してくれる通販サイトを使えば、合法かつ安全に買うことができるようです。(こんな便利なお得な方法があるなんて調べるまで知りませんでした。)

口コミの数を見てみても、知ってる人はどんどん使っているサービスだったんですね。

こういった個人輸入は日本で認められていない精力増強剤やダイエットの薬は健康被害の実例があるみたいでちょっと怖いですが

レビトラに関しては、日本で承認されている薬と同じ成分の薬なので、安心して良いでしょう。

 

レビトラが買える通販会社は今回調べるまで名前を聞いたこともなかったですが、Amazonや楽天とは比べ物になりませんが、こういった処方箋医薬品の個人輸入代行の会社の中では、しっかりとした公式サイト、QA、運営実績、豊富な口コミがある、ベストケンコーとオオサカ堂が2chの評判を見ても全く問題なさそうです。

レビトラの個人輸入を実際にやってみて分かったこと

今回、日本で精力増強・勃起不全治療の薬として一番多く処方されている「レビトラ」を通販で買ってみました。

そして、私は色々と気になる性格なので、間違いなくコスパ最高で色々と問題のない通販サイトから「レビトラ」が買えるように、色々「マジ」で調べました。

普通の人はせいぜい「レビトラ 通販」や「レビトラ 市販」で検索する程度でしょうが

  • 各商品の成分の特定
  • 同一成分の海外製品の特定
  • 通販サイトごとの価格比較

普通の人が「レビトラ」を個人輸入するにあたって調べそうなことの実に、10倍、20倍の量の情報を精査し、レビトラの個人輸入マイスターといっても過言ではないほど、精通した上で、購入に踏切ました。

これ以降は、よくよく調べてみないと分からない、レビトラの個人輸入(通販購入)にあたってのチェックポイントをお伝えします。

1.名前でなく成分を確認、検索する

海外版レビトラを通販サイトで見てみると、名前もパッケージも全然違っていて驚きます。
「これ本当に、レビトラと同じ成分の薬なの?」と初めて買う時はすごーく気になります。「でも、大丈夫」日本のレビトラの成分は製薬会社がネットで見れるようにしているので、それと見比べれば日本のレビトラと同じ成分の薬か、簡単に判別できます。

【レビトラの成分】

レビトラの成分は添付されている「くすりのしおり」という薬の患者向けの簡単な説明書のようなものを見れば確認できます。

>> くすりのしおり | 病院の薬を調べる

ここで主成分を把握することで、海外版であってもレビトラと全く同じ主成分の薬かどうか、Web上で簡単に確認できるので安心です。

(実はここまでしなくても、通販サイトの商品紹介で、「日本ではレビトラという名前で販売されているものです。」と普通に書いてあるので、間違えようがないのですが・・・)

2.成分量が違うものがある

海外版のレビトラには、日本のレビトラと同じと通販サイトで紹介されていても、よく見ると若干成分量が違う(濃い)ものが多いです。

海外版の医薬品の中には、体格の大きな海外の方向けに、わざと成分量が濃くなっている製品が、たまーにあるようなので、日本製と同じ成分量か念のため確認しておきましょう。

3.まとめ買いはお得

どの通販サイトでもまとめ買いはかなりお得です。

私が「レビトラ」を買ったベストケンコーでは

複数まとめ買いすると1箱あたり60~80%割引されるものも多くありました。

4.原則送料無料

通販サイトによってはどこに書いてあるか分かり辛いですが、こういった処方医薬品の個人輸入の通販サイトは基本的に全国どこでも送料無料みたいでビックリです。

私が検討した口コミ数トップクラスのベストケンコーとオオサカ堂も

しっかり送料無料でした。

○ベストケンコー
ベストケンコー_送料無料

○オオサカ堂

オオサカ堂_送料無料

5.届くまでの時間はどの通販サイトもあんまり変わらない

個人的に、こういった薬を通販で買う最大のデメリットは、副作用どうこうではなく、時間がかかることだと思う。

発注から配送完了まで、7日~10日ぐらいはどこの通販サイトでもかかり、時間を短縮する方法は特にない。(Amazonのようなお急ぎ便はもちろんない)

6.疑問点はだいたい公式QAに載っている。

個人輸入はAmazonや楽天市場での購入とは色々と勝手が違うので、疑問や不安は色々と出て来るものですが、先に紹介した「ベストケンコー」や「オオサカ堂」など、10年以上の実績のある大手通販サイトにおいては、かなり痒いところにまで手の届くQAサイトがあるので、読めばだいたい解決します。

7.一度も病院に行ってないなら、流石に行ったほうが良い

激務の社会人であるなど、どうしても病院に行けない場合を除き、最低一度は病院にかかった上でその薬を使うかどうか判断した方が良いと思います。

最後に(まとめ)

以上、病院に行かないともらえない「レビトラ」と全く同じ成分の薬をできるだけ安く、安全な通販サイトから購入するために、私が調べた内容をお伝えしました。

ただ繰り返しになるが、病院に行けるなら行った方が良いと思う。どんなに忙しくでも、せめて一度ぐらいは医者に見てもらって、自分の症状にあった薬はどれかだけでも判断してもらうべきです。

こういった通販サイトを使った手法は裏ワザの部類であって、自己責任が伴うものなので、そこのところは忘れないようにしてほしい。

最後に、この記事を読んだ結果いかなる損害が生じたとしても一切関知しないことを付け加えておきます。

 

参考

 

参考1:レビトラ – 通販価格:6,480円【正規品20%OFF】|薬の通販オンライン

レビトラ - 通販価格:6,480円【正規品20%OFF】|薬の通販オンライン
通販価格6,480円▼レビトラ10mg錠 / 20mg錠の正規品がインターネットで注文できます。まとめ買い割引を利用すれば、最大20%OFFでレビトラをお求めになれます。こちらのページから通販ができるほか、レビトラの効果や使い方など、通販する前に安心できる情報も紹介しています。

レビトラ
バイエル
6,480円
4(28)
ED治療・勃起の薬
在庫あり。
今ご注文頂くと、2/9前後のお届けになります。

レビトラには10mgと20mgがあります。

10mg 20mg
レビトラ20mg:4錠
価格6,480円

数量

カートに入れる
便利なコンビニ決済がご利用になれます。

レビトラ20mg
レビトラ20mgのシート表面
レビトラ20mgのシート裏面
レビトラ20mgのパッケージ
レビトラ20mgの錠剤
商品のパッケージに関するご注意
お得なまとめ買い割引を利用する
内容量:4錠 値引率 通常価格 通販特価 1錠あたり ご注文
20mg × 1 6,480円 1,620円
カートに入れる
20mg × 2
10%
OFF
12,960円 11,664円 1,458円
カートに入れる
20mg × 3
13%
OFF
19,440円 16,913円 1,409円
カートに入れる
20mg × 5
18%
OFF
32,400円 26,568円 1,328円
カートに入れる
20mg × 7
20%
OFF
45,360円 36,288円 1,296円
カートに入れる
レビトラの概要
服用してから15分ほどで効果が現れる最速ED治療薬
ED薬No.1の即効性を実現しています。
挿入の頻度、勃起の維持を明確に改善します。
バイアグラに次いで日本では2番目に承認された勃起不全治療剤です。
食前・食後どちらでも問題なく服用できます。
レビトラの適応症
勃起不全(ED)
レビトラの成分
バルデナフィル
レビトラは、有効成分にバルデナフィルを使ったED治療の先発薬です。15分で効果が発現する即効性が特徴で、従来のED薬よりも速く効き目が現れるという利点から人気があります。臨床試験では86%の人に対してED改善効果が認められた勃起不全治療剤です。Bayer(バイエル)社より製造販売されています。

レビトラの特徴
レビトラと他のED薬との効果発現までにかかる時間の比較
すでに一般化している主なED治療薬には、3つの有効成分(シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィル)のうちいずれかが配合されています。成分によってそれぞれ特性が異なり、効果が発現するまでにかかる時間にも差異がみられます。
認知度が高いバイアグラが効果を発現するのは30分後、シアリスが効果を発現するのは60分後、レビトラは服用から15分ほどで効果が発現します。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルには水に溶けやすい性質があり、服用後15分で成分の80%以上が溶け出します。この特性によって、レビトラはED薬No.1の即効性を実現しています。

レビトラは服用してから15分ほどで効果が現れるので、急に性交の機会が訪れた場合や、飲み忘れて服用のタイミングが遅れてしまっても対応できます。性交を行う直前にレビトラを服用しても、15分後には効果が得られますので、服用するタイミングを気にする必要はありません。

レビトラは挿入の頻度と勃起の維持を明確に改善します。
レビトラを服用する前と服用後の挿入の成功頻度と勃起を維持する効果の比較
レビトラのED改善効果は臨床試験の結果から支持されています。
レビトラの臨床試験は283名のED患者を対象に行われました。有効成分バルデナフィルとして5mg群、10mg群、20mg群およびプラセボ(有効成分を含まない偽薬)群に分けて性交1時間前にレビトラを服用する検証を12週間かけて実施しました。

ED改善効果の検討はIIEF(国際勃起機能スコア)を使って行われました。IIEFは15の質問から成る勃起機能の指標の1つです。臨床現場では簡易版のIIEF-5が多く使用されています。
IIEFの結果から「挿入の頻度」「勃起の維持」について、用量に関わらずレビトラの服用によって有意にスコアが上昇しました。また、プラセボと比べても有意な差が得られたのでレビトラはED治療において効果的であることが証明されました。

20mgを使用したグループでは、レビトラを服用する前は平均して「挿入の頻度」が10回中3〜4回程度であったのがレビトラ服用後には10回中7〜8回ほどまで改善しました。「勃起の維持」は服用前が10回中1〜2回であったのがレビトラ服用後には10回中7回程度まで上昇しました。

10mg錠および20mg錠で85%以上のED改善率
成分量別にみるレビトラのED改善率
成分用量別のED改善率を検証するレビトラの比較試験では、20mgで86.4%、10mgで85.3%、5mgで73.1%、プラセボでは35.2%となります。
レビトラ20mg錠と10mg錠では、ED改善率がともに85%を超えており、ほとんど差がみられませんでした。

有効率に対して、レビトラの効果時間は用量によって差があることが分かっています。一般に、レビトラは10mg錠もしくは20mg錠がED治療に使用されています。国内で承認されている最大用量である20mg錠は飲んでから8時間ほど効果が持続します。その半分の用量である10mg錠は服用から5時間後まで効果が現れます。

レビトラはバイアグラに次いで日本では2番目に承認された勃起不全治療剤です。
レビトラは、世界的に有名なバイアグラに次ぐ第2のED治療薬です。レビトラが日本で承認されたのは2004年4月のことで、初めは5mgと10mgのみが承認されました。その後、レビトラ10mgでは糖尿病や脊椎損傷を有する勃起不全患者に対して十分な効果が得られなかったことから20mgの使用が検討され、2007年5月にレビトラ20mgの使用が承認されました。

現在では、EDクリニックなどでレビトラは勃起不全を治療する薬として処方されており、バイアグラとともに一般的に知られるようになっています。

レビトラは食前・食後どちらでも問題なく服用できます。
バイアグラはEDに対する有効性の高さが知られていますが、一方で食事による影響を受けやすいという弱点を持っています。レビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けづらいので、標準的な食事であれば前後に服用しても問題なく効果が発揮されます。

レビトラに対する食事の影響について調査した海外のデータによると、健康な成人男子24例に標準的な食事(総エネルギー700kcalかつ脂質の割合が30%)を摂取した直後にバルデナフィル20mgを投与した結果、空腹時の薬物動態と食後の薬物動態に有意な差はみられませんでした。

レビトラの効果
効能・効果
勃起不全
(1) 満足な性交を行うに十分な勃起とその維持ができない男性に有効です。
挿入前に萎えてしまう、挿入しても途中で萎えてしまう(中折れ)、挿入可能な硬さに勃起しないといった勃起不全の症状を改善する効果があります。

レビトラの効果時間内に性的刺激を受けると硬さと持続力のある勃起が得られます。性的興奮が鎮まると自然と勃起も収まります。レビトラは性的な刺激を受けることで効果を発現する薬です。レビトラを服用しただけで強制的に勃起してしまうことはありません。

レビトラは15分ほどで効き始めて用量に応じて5〜8時間ほど持続します。
服用してから15分程度でレビトラの効果が発現し、45分後に血液中の成分濃度がピークに達します。3〜4時間後には効き目が徐々に緩やかになる半減期となり、次第に効果がなくなっていきます。

効果がなくなるまで、10mg錠で5時間、20mg錠で8時間ほど効き目が持続します。
服用する成分用量によって、レビトラの効果が持続する時間は異なります。

レビトラの効果について

レビトラの飲み方(用量・用法)
下記の用量を守って、性交の1時間前に水またはぬるま湯と一緒に服用してください。

用量・用法
1回の用量 10mg錠の場合 … 1〜2錠
20mg錠の場合 … 1錠
(バルデナフィルとして20mg)
1日の服用回数 1回まで
服用間隔 必ず24時間空けること
服用のタイミング 性交の1時間前
基本的な服用タイミングは性交の1時間前となっていますが、レビトラは服用から短時間で効果が現れるので性交の15分前までに摂取すれば十分な効果が得られます。

空腹時に服用することで成分が効率よく吸収されます。
レビトラの有効成分は腸から血中へと取り込まれます。空腹時は成分の吸収を阻むものが何もないので、効率よく吸収されて、より早くレビトラの効き目が現れます。
標準的な食事であれば食後に服用してもレビトラの成分吸収に影響はありませんが、なるべく700kcal以下で脂肪分の低い食事にしましょう。

レビトラの飲み方について

レビトラの成分と働き
レビトラの有効成分が作用するイメージ
有効成分バルデナフィルが勃起を収める酵素の働きをブロックして陰茎周辺の血流を増やします。
レビトラの有効成分バルデナフィルはホスホジエステラーゼ5(PDE5)の働きを阻害します。PDE5は血管拡張作用がある環状グアノシン一リン酸(cGMP)という酵素を分解し、陰茎海綿体の血管を収縮させてしまいます。
バルデナフィルの働きでPDE5がブロックされると陰茎周辺にある血管が拡張されやすい状態となり、性的興奮によって勃起を促す作用をします。

性的興奮によってcGMPが分泌されます。cGMPの働きで血管が拡張されることで陰茎が勃起します。
バルデナフィルは、PDE5を阻害することで相対的にcGMPを優位にします。cGMPの血管拡張作用が十分に働くよう作用して、勃起を補助します。

バルデナフィルが配合されている通販商品と成分について

レビトラの副作用
<主な副作用>
ほてり、頭痛、動悸、鼻づまり、消化不良、めまい、潮紅(あから顔)など。
レビトラの主な副作用は、ほてりや頭痛、動悸、鼻づまりです。いずれの副作用も軽度である場合が大半であり、血管を拡張するレビトラの作用に伴う一時的な症状です。上記に挙げたようなレビトラの副作用は服用後に必ず発症するものではありません。発現したとしても3〜4時間以内に軽快します。
レビトラの副作用について
レビトラの注意事項
<使用禁忌>
下記に該当する方は使用しないでください。
バルデナフィルに過敏症がある、不安定狭心症、不整脈、半年以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を患っている、重度の肝障害および腎障害、網膜色素変性症、低血圧、高血圧
<使用注意>
下記に該当する方は使用前に医師に相談してください。
高齢者(65歳以上)、未成年、女性、陰茎の欠陥(折れ曲がり、海綿体の線維化など)、鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病、出血性疾患または消化性潰瘍、肝障害、テラゾシン、エリスロマイシン、ファンピシン、カルペリチドなどを服用中
<併用禁忌薬>
下記の薬品を服用中の方は使用前に医師に相談してください。
ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなどの血管拡張剤、キニジン、アミオダロンなどの抗不整脈の薬、リオシグアト、リトナビル、インジナビル、テラプレビル、イトラコナゾール
レビトラの評価
4.82
とても満足
満足
ふつう
やや不満
不満
レビトラの口コミ・評判(28)
4
商品とどきました。
代金支払いから18日かかりましたが商品受け取りました。また、利用させて頂きます。 運営より回答:お待たせして誠に申し訳ございません。 現在日本郵便は極度の人手不足のため、お届けには通常時より数日遅れてしまう見込みです。予めご了承下さい。

5
レビトラを飲むと体が熱くなる
これは俺だけなのかな?レビトラを飲むと体中が熱くなって燃えてきます。そしてアソコも熱くなりフル勃起します。彼女曰く、前と比べて体が熱いのを実感しているといいます。なので、毎回、全身汗だくになってプレイしています。何となく汗だくの方がエロい感じで燃えます。箱に書いてあるこれは、そうか炎か。

4
レビトラ、やっぱりこれでしょ。
何だかんだいいながらED薬といえばレビトラでしょ。ED薬は沢山あるので色々試したくなるのは分かりますが、試す必要なくレビトラ一択で十分です。試し過ぎてどれがいいか分からなくなること請け合いです。経験者の私がいうんだから間違いない。

5
10年来のレビトラ愛好者です。
カレコレ10年間くらいレビトラ一本です。なぜ変えないのかというと必要十分、しっかり効果を感じているからです。よく効果を感じているのにアレコレ変える人がいますが、ハッキリ言って何を考えているのか私には理解出来ません。これからもずっとレビトラでOKですね。

5
インポが治ると性欲も増す
インポになると性欲まで減退してやる気が段々と消失しますが、逆にレビトラで勃つようになると性欲がモリモリ上がってくるのが分かります。筋肉はつかわないと衰えるといいますが、性欲も同じなんですね。50代にして性欲モリモリ!まだまだいけます!

参考2:レビトラ錠のインターネット購入にご注意|EDネットクリニック|バイエル薬品

レビトラ錠のインターネット購入にご注意|EDネットクリニック|バイエル薬品
レビトラ錠のニセモノにご注意ください。バイエル薬品をはじめとする製薬会社4社が合同で行った調査では、インターネット通販で購入したED治療薬の55.4%が偽造品という結果に。インターネット通販での個人輸入にはご注意ください。バイエル薬品提供EDネットクリニック。

レビトラ錠のインターネット購入にご注意
インターネット購入にご注意ください。
ED治療薬レビトラ®錠個人輸入にご注意ください!
不正規ルートにより入手したレビトラは“偽造品”の可能性が高くとても危険です。
不正規ルートにより入手したレビトラは“偽造品”の可能性が高くとても危険です。
インターネットでの購入における偽造ED治療薬の割合
国内で販売されているED治療薬3製剤
偽造ED治療薬四社合同調査2016
調査会社に依頼し、インターネットからED治療薬を購入、審議を真偽を鑑定し、含有成分について化学分析を行いました。

偽造品は、劣悪な環境で製造されているケースが多数
偽造レビトラ錠製造現場の一例
偽造レビトラ錠の製造現場で作られた錠剤には不純物が混入し、品質管理上にも問題があります。 バイエル薬品をはじめとする製薬会社4社合同で調査を実施し、インターネットサイトからED治療薬を購入しました。購入したED治療薬の真偽を鑑定し、含有成分について化学分析を行った結果、40%が偽造品でした。正規品と偽造品は、一見しただけでは真偽判定が難しいのが実情です。外箱や包装シートが本物のように見えても、品質が保証されているわけではありません。 海外から持ち込まれる偽造レビトラ錠は、知的財産権を侵害するものです。偽造品の国内への持ち込みは禁止されています。

続きをみる
ネット購入の落とし穴
「自分だけは大丈夫」と甘い認識
国内でED(勃起不全)治療薬を製造・販売している4社(ファイザー株式会社、バイエル薬品株式会社、日本新薬株式会社、日本イーライリリー株式会社)は、2011年2月25日から3月2日にかけて、全国のED治療薬使用者を対象に偽造ED治療薬に関するインターネット(以下、ネット)調査を実施しました。

続きをみる
公的機関のHPから見る医薬品等の個人輸入
医薬品等の個人輸入について記載された、国内外公的機関のホームページをご紹介します。

続きをみる
インターネットで購入しても変わらない?インターネットで購入しても変わらない? EDで受診しようと考えていても、EDについて素朴な疑問があって受診への一歩が踏み出せない。そんな、素朴な疑問を先生にお伺いしました。今回お伺いしたのは、浜松町第一クリニック院長 竹越先生です。
続きをみる
詳しくは受診される病院・医院にお尋ねください。
EDの相談ができる病院を検索する
EDの相談ができる
病院クイックサーチ
最寄駅から探す
駅名を入力してください。

検索
病院名から探す
病院名を入力してください。

検索
都道府県から探す
検索
インターネット購入にご注意ください。 レビトラ錠を使用されている方へ注意事項を説明します。

参考3:レビトラのジェネリック医薬品について【浜松町第一クリニック】

レビトラのジェネリック医薬品について【浜松町第一クリニック】
2019年1月現在、レビトラはどこの国でも特許が満了を迎えていないため国内はもちろん海外でも正規のレビトラジェネリックは存在しません。偽物の混じる個人輸入にて入手した非正規ジェネリックを処方するクリニックにはご注意下さい。特許満了はいつ頃?インドでジェネリック言われているのは何なのか?等々を解説しています。

レビトラのジェネリック
レビトラのジェネリック医薬品について
浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修
レビトラのジェネリック医薬品について
FacebookTwitterLINEはてぶ
目次※知りたい情報をクリック

国内におけるレビトラのジェネリックについて
レビトラのジェネリックの発売開始時期を予測
レビトラの物質・用途特許について
レビトラの特許満了日について
レビトラの製法特許について
海外のレビトラのジェネリックについて
海外製レビトラジェネリックの危険性
国内におけるレビトラのジェネリックについて
日本国内ではレビトラの特許が有効なため現在、厚労省から認可を得た正規品のレビトラのジェネリックは存在しません。ここ最近、首都圏を中心に複数院、展開する男性専門のED薬処方クリニックが「正規流通経路でのレビトラジェネリック」と記し、偽物混入の危険性のある個人輸入にて海外製のレビトラジェネリックを仕入れて処方しているので注意して下さい。以下に正規品と非正規品の画像を掲載しておきます。後にリスクについてもご説明させていただきますが、既に当院にはその悪質なクリニックで処方された非正規品のレビトラジェネリックを服用して強い吐き気を感じたりお腹を下したりといった健康被害にあった患者様からの問い合わせも来ているくらいですので、以下のような非正規品のレビトラジェネリックは服用しないのが賢明です。
※当院では国内正規流通する厚労省認可の医薬品以外は扱っていないのでご安心下さい。

レビトラの正規品と非正規品
国内にて厚労省認可の正規レビトラジェネリックが登場するには、レビトラの有効成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物の物質特許及び勃起不全改善という効果効能に与えられる用途特許が満了を迎えなければいけません。ただし、この2つの特許が満了を迎えていてもバルデナフィル塩酸塩水和物を有効成分とする薬剤を製造する方法に対する製法特許も出願されているので、あくまで競合製薬メーカーは、バイエル薬品の製法特許を侵害せずに製造することができ、厚労省より製造販売承認を取得した後、国内正規品のレビトラジェネリックを発売することができます。この特許の詳細は以下で説明致しますが、物質・用途特許が満了を迎えればどこのメーカーでも製造できるわけではなく、それ相応の技術力というものを持ち合わせているか否かがジェネリックを早々に製造販売できるかのポイントとなります。

薬の名称について
まだ、どこの製薬メーカーがレビトラのジェネリックを発売するのかはわかりませんが、既にバイアグラのジェネリックであるシルデナフィル錠を発売している東和薬品、陽進堂、キッセイ薬品、富士化学工業、武田テバあたりは計画している可能性は高いです。またシルデナフィル錠は発売していませんがプロペシアのジェネリックであるフィナステリド錠を発売している沢井製薬、バイアグラの発売元であるファイザーも計画している可能性は高いと考えています。その場合、レビトラのジェネリックの薬剤名は以下のようになります。
東和薬品であれば、バルデナフィルOD錠20mg LE「トーワ」(OD錠であった場合)
沢井製薬であれば、バルデナフィル錠20mg LE「サワイ」
ファイザーであれば、バルデナフィル錠20mg LE「ファイザー」
陽進堂であれば、バルデナフィル錠20mg LE「YD」
富士化学であれば、バルデナフィル錠20mg LE「FCI」
このように【成分名である「バルデナフィル」+容量「20mg」+LEVITRAの頭文字「LE」+製薬メーカーの略語】という表記になります。

上部へ戻る
レビトラのジェネリックの発売開始時期を予測
バイグアラの場合は2013年5月17日に物質特許が満了、2014年5月13日に用途特許が満了を迎え、2014年5月26日に東和薬品より日本初のバイアグラジェネリックが登場しました。この経緯からもわかるように、レビトラの物質・用途の特許満了時期が把握できればおおよその検討は付きます。しかしながら、この特許期間含め特許の内容自体、製薬メーカーの営業部長クラスにも情報は降りてこないくらいなので、当然のことながら医療機関にも情報は一切入ってきません。
そこで「独立行政法人 工業所有権情報・研修館」の運営する研究開発者向けに「重複する研究開発の防止」「既存の技術を利用した研究開発の推進」「意図しない権利侵害の防止」等を目的とした『特許情報プラットフォーム|J-PlatPat』にて入念に調べてみました。その結果、ある程度の情報を得ることができましたので以下にご紹介させていただきます。

レビトラの物質・用途特許について
レビトラ物質用途特許
【出願人】バイエル アクチェンゲゼルシャフト(ドイツ語で[aktien]は株式、[Gesellschaft]は会社、つまりバイエル株式会社の意)
【発明の名称】ホスホジエステラーゼ阻害剤としての2-フェニル置換イミダゾトリアジノン類
【出願番号】特願2002-130480(P2002-130480)
【出願日】平成10年10月31日(1998年10月31日)

『特許情報プラットフォーム|J-PlatPat』にて調べてみた結果、発明名称の「ホスホジエステラーゼ阻害剤」、文献内の「特に勃起機能障害の処置のための薬剤における活性剤として用いるのに適している」という記載、上記添付画像では閲覧できませんが、実際にはPDFにてダウンロードすると全161ページあり、69ページあたりにレビトラの有効成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物と同等の化学構造式の掲載があるので、これがレビトラに関する物質・用途の特許である可能性が高いです。

レビトラの特許満了日について
レビトラ特許登録情報
添付画像の特許登録情報は上記の特許のものです。この特許がレビトラの物質・用途の特許であれば、画像の下線部分【登録細項目記事:権利者が全て民間、または民間と官庁共有である 本権利は抹消されていない 存続期間満了日(平30.10.31)】とあるので満了日は2018年10月31日となります。
よって2018年11月頃に厚労省から認可を得た正規のレビトラのジェネリックが発売開始されるかもと期待はしていたもののそうはなりませんでした。レビトラに関する有効な特許がこれ以外に存在するのでしょう。
2019年1月22日現在では2020年4月頃、レビトラに関する特許の全てが満了を迎えてそれ以降の5~6月頃ジェネリックが発売開始するのではという噂を耳にしています。

レビトラの製法特許について
レビトラの製法特許
【出願人】バイエル・ヘルスケア・アクチェンゲゼルシャフト
【発明の名称】バルデナフィル塩酸塩三水和物を含む薬剤
【出願番号】特願2004-520469(P2004-520469)
【出願日】平成15年7月3日(2003年7月3日)

この特許の要約に「本発明は、バルデナフィル塩酸塩を本質的に固体の三水和物の形で含む薬剤の製造法、および、この方法によって得ることができる薬剤に関する」とあること。またレビトラが厚労省より製造販売承認を取得したのが2004年4月、上記の通り出願日は2003年10月であり承認の半年前、時系列で考えても承認の目途がたってから製法特許の出願をしたと考えることで説明が付きます。これはレビトラの製法特許である可能性が高いとみてよいでしょう。
基本的に先に「物質・用途特許」が満了を迎えれば、この製法特許にある製造方法以外であればバイエル薬品以外の製薬メーカーもレビトラのジェネリックを製造販売できるようになります。特許満了日は出願日の20年後、2023年7月3日です。

※上記の情報は製薬メーカーから入手したわけではなく、あくまで当院独自で調べた推測ですのでご了承下さい。
また新たな情報が入り次第、こちらで情報提供させていただきますので、気になる方はお手数ではございますが定期的にご訪問下さい。

上部へ戻る
海外のレビトラのジェネリックについて
今まで説明させていただいた通り、国内にてレビトラは特許満了を迎えてないので正規レビトラジェネリックは存在しません。しかしながらインターネットで「レビトラジェネリック個人輸入」で検索すると多くの個人輸入代行業者の運営する通販サイトが出てきます。サイトの中を覗いてみると、日本では存在しないレビトラのジェネリックが全てインド製ですが数種類販売されています。レビトラは国際的にも特許が満了を迎えていないので本来は存在しないはずなのですが、どうしてインドだけでは存在しているのか?それは他のページでも紹介している通りインドでは「2005年まで物質特許が認められていなかったこと」「発展途上国を支援する国境なき医師団の慈善事業の絡み」「地元の製薬会社からの反発」等が原因で、未だに先発品メーカーも諦めざるを得ない状況だからです。
代表的なインド製のレビトラジェネリックには以下のようなものがあります。

バリフ(VALIF)・・Ajanta Pharma社製(アジャンタファーマ社)
ビリトラ(VILITRA)・・Centurion Laboratories社製(センチュリオンラボラトリーズ社)
ジェビトラ(ZHEWITRA)・・Sunrise Remedies社製(サンライズレメディ社)
サビトラ(SAVITRA)・・Sava Medica社製(サバ・メディカ社)
シルビトラ(SILVITRA)・・MACLEODS社製(マクレオーズ社)
以下で日本国内でインド製ジェネリックを入手して服用するリスクも説明いたしますが、たとえクリニックからの処方であっても服用は止めておくのが賢明です。

上部へ戻る
海外製レビトラジェネリックの危険性
日本国内にて海外製のレビトラのジェネリックを入手するには、たとえ医療機関であっても個人輸入に頼るしか方法がありません。上記で紹介したインド製レビトラジェネリックもインターネットでの個人輸入代行業者の運営する通販にて非常に需要があるため、悪徳業者がそこに目を付けて個人輸入代行業者にもわからないように偽造品・模造品とすり替えて流通させて利益を得ている場合も決して少なくないのが実状です。しかも日本の個人輸入の医薬品に対する法整備がゆるいので世界的に見ても特に日本は狙われやすく、米国のレジットスクリプト社の調査において「不正医薬品販売業者にとって日本はアメリカに続き世界第2位の標的になっている」ということをご存じでしょうか?
日本は世界的にみても安全な暮らしができる環境であるがために、悪徳業者にターゲットにされていることを決して忘れてはいけません。冒頭でも説明させていただきましたが、個人輸入で国内に入ってくる多くの医薬品の中でもずば抜けて偽物の混入率の高いのがED治療薬です。それを承知で個人輸入で仕入れ、それをあろうことか患者さんへ処方する悪質なクリニックがあるので注意して下さい。
そのようなクリニックに行かないための方法を、安全に処方を受けられる病院の選び方を以下のページにて詳しく説明しているので是非ともご覧下さい。

コメント